内海工業株式会社

採用エントリーはこちら
メニュー メニュー

会社概要

〜 代表者挨拶 〜

私たち内海工業は現場(圃場)に足を運び、そこにある声を大切にしています。

農家さんと共に歩み、日本が世界に誇れる農業、そして作物に対しての敬意、そのスピリッツを未来へ遺していけるよう自社の事業に向き合い取組んでいます。

おかげさまで、現在本当にたくさんの専業農家さんから、私たちの基本的な考え、知識、行動をご評価いただいております。

「魔法の肥料はこの世にはありません」だから私たちはこれからも、圃場で起きている事を大事にし、足を運び、農家さんの声を聞き、これからの農業に必要とされる企業として新商品開発及び、圃場でのサポートに取組んでまいります。

〜 企業理念 〜

農家の方々も本当に求められる事は、現場にしかなく、弊社は小さい企業であるメリットを最大限に生かし、小回りがきき、現場にたくさん足を運び、様々な情報を得る事により農家の方々に必要とされる企業を目指します。

会社概要

会社名
内海工業株式会社
設 立
昭和 22 年 9 月 5 日
資本金
1000 万円
代表者名
吉尾 剛志
所在地
岡山県倉敷市玉島柏島 7088
電話番号
086(528)0311
FAX番号
086(528)2569
従業員数
24名(男性19名 女性4名)
土地建物
土地:11,550 ㎡ 建物:3,789 ㎡
営業品目
一般野菜、果樹、お茶たばこ肥料、水稲、等を対象とした諸肥料及び液肥並びに微量要素肥料、微生物資材など
設備状況
反応設備、配合設備、造粒設備、包装設備、その他付属設備

内海工業の歩み

年 代
出 来 事
昭和21年
内海工業株式会社設立(資本金 18 万円、転換専業製塩として出発)
昭和25年
製塩業を廃止し、海水中から水酸化マグネシウムを摂取し、軽焼マグネシアを製造・販売
昭和29年
台風14号の直撃を受け、工場建物及び水酸化マグネシウム製造設備が流出破壊し、操業不能となる
昭和30年
肥料製造設備を新設し、国内たばこ向けの硫酸マグネシウム肥料の製造・販売に着手
昭和31年
全農名古屋支所管内に硫酸マグネシウム及び微量要素肥料を契約納入する
昭和32年
関東地区以西のたばこ耕作組合に新製品結成マグネシウム肥料、微量要素肥料を製造・販売する
昭和44年
製造設備を増設し、化成肥料及び各種配合肥料生産に着手
肥料卸売業者及び各地たばこ耕作組合に納品し、現在に至る
昭和48年
鹿児島市に出張所を開設する
鹿児島出張所を閉鎖し、熊本に事務所を開設する
平成20年
吉尾剛志入社(営業部に配属)
平成24年
「微生物の農業利用方法」の開発に着手
平成24年
土壌物理性改善型液肥の製造化
平成24年
倉敷市がんばる中小企業応援事業費補助金交付企業に決定。試験室の設備を強化。
平成30年
吉尾剛志が4代目として代表取締役に就任

弊社にお越しの方へのご案内

内海工業の本社または倉庫へお越しの方用の
目的地案内を作成しております。
Top