内海工業株式会社

採用エントリーはこちら
メニュー メニュー

圃場試験カルテ

No.005-013-1146

試験完了
種類
葉物類
目的
その他
葉物類

【試験名】

新商品開発効果試験
記載日
2019年06月02日
試験前の
状態

ほうれん草のルートタウン試験

試験の
狙い

開発中の新商品の効果試験。新商品が、ほうれん草にどのような効果を示すかを検証。

対象区

試験区

試験条件
ポット試験(3ポットに分け、30g、15g、対象区をつくる)1ポットに40粒播種する。試験品以外は全て同じ管理を行う。
土壌種類
ポット用培土
備考

播種日は6月2日。写真は6月8日の発芽状況のものです。

対処方法・試験状況

最終レポートまとめ

結果(対象区)

培土を裏返した様子(0g)

結果(試験区)

根長と根細の詳細は7月8日のレポートにてご確認いただけます
培土を裏返した様子(15g)
培土を裏返した様子(30g)
報告詳細
ほうれん草収穫調査は下記になります。 ■32株重量は、0g=404g/15g=441g/30g=464g ■10a予測収穫量は、0g=1893g/15g=2067g/30g=2175g ■0gと試験区の10a経済効果/15g=約5〜11万/30g=約8〜18万 <担当者のまとめ> 収穫量に差がでたのは、0gに比べ15g.30gは主根が長く、細根も多かった事が最も起因すると考える。特に30gはそれが顕著であった。
報告1
根張り調査も行いました。写真をご確認ください。

種類別

  • かさい類
  • 葉物類
  • 根菜類
  • 果 樹
  • お茶、お米他

目的別

  • 生育不良改善
  • 病気改善
  • 収穫増
  • 品質向上
  • その他
[お問合せ・ご相談]086-528-0311※担当不在の場合は折り返しご連絡致します メールのお問合せ
Top