内海工業株式会社

採用エントリーはこちら
メニュー メニュー

圃場試験カルテ

No.008-009-438

試験中
種類
お茶・お米他
目的
生育不良改善
お茶・お米他

【試験名】

アスパラガスの排水不良による生育不良改善
記載日
2018年11月12日
試験前の
状態

アスパラは収穫終了後には地上部の栄養分を地下部に移行させる養分転流期を迎える。養分転流期には鱗芽を部分を乾燥させないように5〜7日毎に定期的に灌水を行うが、土壌の物理性の悪化により排水不良になってしまっている圃場が多く見られる。

試験の
狙い

本試験では液状の土壌団粒化促進剤を施用することによって
物理性を整え土壌の排水不良による生育不良を改善することを目的とする。

試験条件
試験区では灌水を行う際に土壌団粒化促進剤を2〜3kg(10a当り)施用する。対象区では通常通り水のみを灌水する。
土壌種類
粘土質土壌
備考

特になし

対処方法・試験状況

種類別

  • かさい類
  • 葉物類
  • 根菜類
  • 果 樹
  • お茶、お米他

目的別

  • 生育不良改善
  • 病気改善
  • 収穫増
  • 品質向上
  • その他
[お問合せ・ご相談]086-528-0311※担当不在の場合は折り返しご連絡致します メールのお問合せ
Top